健康な髪の毛を生やす為の体質とその為の体質改善法とは?

 

健康な髪の毛ってどのような髪の毛かわかりますか?健康な髪の毛とは、毛根がしっかりとしていて抜けにくく、ツヤやコシがある状態のことを言います。

 

あなたが現在抱えている髪の毛のトラブル、「抜け毛」「切れ毛」「薄毛」「ツヤやコシ」、これらの原因は何からきているのか知っていますか?

 

結果から言うと、それらのトラブルはあなたの「体質が乱れている」ことが原因なのです。体質が整っていれば、今起こっているあなたの髪の毛のトラブルは起こりにくいのです。

 

体質と言うとざっくりしていてどのようなものかわからないかと思いますので、今回はその「体質」について詳しくお話したいと思います。

 

そしてあなたがその「体質」について理解することで、髪の毛のトラブルから解放されるようになればなと思います。

 

体質が髪の毛に与える影響

そもそも「体質」とは言葉の通り、その人の体の性質のことです。それは親からの遺伝で受け継いだ体質もあれば、生まれてから今までの環境や生活習慣の中で体に染み付いた体質の二種類があります。

 

 

「風邪をひきやすい体質」「虚弱体質」など様々ありますよね。抜け毛や薄毛などの髪の毛のトラブルを抱えやすいあなたは「抜け毛になりやすい体質」「薄毛になりやすい体質」になってしまっているのです。

 

生まれてきてから今までの生活習慣や環境によってできてしまった「体質」というのは、それを改善すればよくなるというイメージはつくと思うのですが、遺伝による体質というのは無理なイメージはありませんか?

 

例えば「母親もおばあちゃんも薄毛で悩んでたから、うちは薄毛家系だと思う」という方もいらっしゃると思うのですが、これが薄毛体質、抜け毛体質が代々遺伝によって受け継がれている状態です。

 

「遺伝による体質って変わらないんじゃないの?」と思われるのかもしれませんが、実はちゃんと体質改善を行えば体質は変わるのです。

 

遺伝による抜け毛や薄毛になりやすい体質というのは、「薄毛になりやす体の状態」を受け継いでいるだけなのです。

 

だから「薄毛になりやすい体の状態」を施術によって改善してあげることができれば、必然的に髪の毛が生えやすい体質へと体は変化していくので、諦めないでくださいね。

 

ただ遺伝による体質、今までの生活習慣による体質のどちらにしても、何が原因でその「体質」になっているのかを判断し、それに対しての施術を行う必要があるのには変わりありません。

 

では、髪の毛のトラブルが起こりやすい「体質」を改善するために、どのようなことをするべきなのか今からお話していきましょう。

 

どのように体質を改善するか

「まずは生活の見直しを行いましょう」

 

先ほど述べたように、今での生活習慣から現在の体質というのは作られていることがあります。今の現状だけでなく、幼い頃、学生時代、社会人などと、それぞれの段階でどのような生活を送って来たのかも重要な要素となります。また、幼い頃からの持病がないかも体質には大きく関係しています。

 

例えば、睡眠時間。睡眠時間が極端に短かったり、夜2時以降に寝るような生活習慣になっている人は注意が必要です。睡眠時間が短くなると、自律神経の乱れから頭蓋骨がガチガチに固まってしまいます。頭蓋骨が硬くなることで頭部への血流が阻害され、髪の毛に栄養が行き渡りにくくなってしまい、髪の毛が抜けやすく薄毛になってしまうのです。

 

また、睡眠時間は足りているけど夜2時以降に睡眠を取っているという方も同じく抜け毛、薄毛になりやすいです。

 

なぜかというと、寝ている時に分泌される成長ホルモンは10時から2時の間に分泌されると言われているので、その時間を逃してしまい、体の細胞だけではなく髪の毛の細胞を成長、回復させる成長ホルモンの恩恵を受けられなくなってしまうからです。

 

仕事などでどうしても毎日遅くなるという方は仕方がないかもしれませんが、ただ単にテレビやゲームなどをしてついつい夜更かしをしてしまうという方は、最低でも夜12時には睡眠を取るように心がけましょう。

 

また、運動をしているかしていないかも重要です。運動は全身の血流をよくするという効果もありますが、適度な運動はストレスを軽減するという効果もあります。強いストレスというのも睡眠不足と同じように自律神経の不調を起こし、頭蓋骨がガチガチになってしまいます。

 

適度な運動というのも何をしたらいいのかと思うかもしれませんが、簡単なものとしてはウォーキングです。ペースとしては20分間継続して歩いても疲れない程度のペースで大丈夫です。目安としては一日30分〜40分。もしも疲労が強いのであれば毎日でなくても、週に3〜4日程度でも大丈夫です。

 

同じように悪い生活習慣を送っていても抜け毛や薄毛に悩まない人がいます。なぜそのように差が出るのかというと、それがその人の「体質」だからです。生活習慣によって抜け毛や薄毛に悩む人というのは、「生活習慣が髪の毛に影響を与えやすい体質」ということになります。

 

実際「こんなに当たり前のことでいいの?」と思ったかもしれませんが、あなたの「体質」上、その当たり前のことをしっかりやることがとても重要になってきますので、ぜひ正しい生活習慣を身に付けるようにしましょう。

 

食事は適切かどうか?

 

あなたの体の細胞を作り出すのは、普段からあなたが口にしている食事から細胞を作り出すのです。体にいいものを食べている人と、悪いものを食べている人ではどちらがいい髪の毛が生えてくると思いますか?もちろん体にいいものを食べていた方が、いい髪の毛が生えてきますよね。

 

ここで、髪の毛に悪影響を与えやすい食事とは、どのようなものかを紹介しておきましょう。

☑️ 動物性脂肪を多く含むもの(肉、バター、卵、チーズなど)

☑️ 塩分の強い食べ物

☑️ 甘いもの(お菓子やデザートなど)

☑️ インスタント食品

☑️ カロリーの高い食べ物

☑️ アルコール類

 

などです。

 

現在抜け毛や薄毛でお悩みの方は、当てはまるものが多かったのではないでしょうか?

 

抜け毛や薄毛になりやすい食事というのは、「血流を悪くしてしまうもの」「皮脂を過剰に分泌させてしまうもの」ものことです。血流が悪くなることで髪の毛に栄養が行き渡りにくくなってしまったり、過剰に分泌された皮脂が毛穴を詰まらせ抜け毛を起こしやすくしてしまうのです。

 

では、逆にどのような食べ物を取ればいいのか?

☑️ タンパク質(特に魚類や大豆製品)

☑️ ビタミンA(緑黄色野菜)

☑️ ビタミンE(玄米や発芽米、ごま、ナッツ類など)

☑️ ビタミンB群(豚肉、レバー、マグロ、大豆など)

☑️ コラーゲン(長芋、納豆、レンコン、オクラなど)

☑️ 亜鉛(牡蠣、レバー、魚介類など)

 

以上のものは血行を促進して髪の毛の成長を助けたりしてくれるのに、大いに役立つ食事です。食事の改善が必要と感じた方は、これらの食事をバランスよく摂るように心がけてみましょう。

 

構造上抜け毛や薄毛になりやすい状態

 

どのようなものかというと、「頭蓋骨が歪んでしまっている」状態のことです。

 

「頭って歪むの?」と思われた方もいるかもしれませんが、意外と頭蓋骨に歪みがある人は多いのです。嘘かと思われるのであれば、一度自分の手のひらで横から頭を包んでみるように触ってみてください。左右の頭蓋骨で膨らみが違うという人はいませんか?もしそのような人がいれば頭蓋骨が歪んでいる状態です。

 

頭蓋骨が歪むことで血液の流れが悪くなり、髪の毛に栄養を送ることができない状態になってしまい、抜け毛や薄毛のトラブルが起こりやすくなります

 

なぜ頭蓋骨が歪んでしまうのかというと、生まれた時からという方もいらっしゃいますが、幼い頃の寝方だったり、事故や怪我などで頭部に強い衝撃が入った人は、頭蓋骨が歪んでしまします。

 

頭蓋骨の歪みは残念ながら、自分で調整することは難しいので、一度頭蓋骨の調整をしっかり行いましょう

 

終わりに

今回は「健康な髪の毛を生やす為の体質とその為の体質改善法とは?」についてお話しました。

 

遺伝による体質だから仕方がないと諦めかけている方は、本当に諦める前に一度自分の体質というのを見返してみましょう。

 

今日お話した生活習慣による体質の乱れも合わせて髪の毛のトラブルが起きているのかもしれませんし、そもそもの体質も改善できるかもしれません。

 

そして今髪の毛のトラブルでお悩みの方は、今回お伝えした改善法をまずは試してみてください。少しでもあなたの髪の毛のトラブル改善に繋がると思います。

 

それでも髪の毛のトラブルが気になる、改善したいという方は一度しっかりと体質をチェックしてみましょう。

 

当院のマイクロスコープによる頭皮検査や体質検査によって、あなたの抜け毛や薄毛などの髪の毛のトラブルの根本的な原因をしっかりと見極めていきます。

 

いつでもお気軽にご相談くださいね。

 

女性薄毛専門鍼灸院 王国鍼灸院

関連記事一覧
美髪応援キャンペーン
今すぐネットで予約する
LINE@で友達に追加する